炎に照らされる中、遠敷川に御香水を注いだお水送り=3月2日午後8時45分ごろ、福井県小浜市下根来の鵜の瀬

 福井県の若狭から奈良の東大寺二月堂へ「御香水(おこうずい)」を送る伝統神事「お水送り」が3月2日夜、福井県小浜市神宮寺の若狭神宮寺や同市下根来の鵜の瀬周辺で営まれた。たいまつや護摩壇の炎に遠敷川が照らされる神秘的な空間の中で、同寺でくみ上げられた御香水が同川に注がれた。

 毎年3月2日に行われ、若狭地方に春の訪れを告げる風物詩。例年なら多くの見物客でにぎわうが、新型コロナウイルス対策として地元住民、関係者だけで行われた。

 同寺で大護摩法要が午後7時ごろにあり、火を移したたいまつを手にしたマスク姿の僧侶らが、横殴りの風雨を受けながら鵜の瀬までの約1・8キロを御香水を守るように練り歩いた。送水神事は同8時半すぎに始まり、白装束の山河尊聖(やまかわ・そんじょう)住職が岩場に立ち御香水を注ぐ瞬間を参加者が見守った。

 御香水は遠敷川をへて東大寺二月堂の井戸「若狭井」に届くとされ、12日の「お水取り」でくみ上げられる。