福井県警本部

 福井県小浜市内の小学校や公民館などに男が侵入を繰り返していた事件で、福井県警小浜署と県警捜査1課、石川県警の合同捜査班は3月2日、京都市、着付師の男(48)=窃盗罪などで公判中=の捜査を終結したと発表した。14府県で61件、被害総額約4万5千円の容疑を裏付けた。このうち福井県内の被害は小浜市と若狭町の6件だった。

 小浜署などによると、男は2016年5月ごろから20年9月27日までの間、学校や公民館、廃業したホテルや旅館に窓ガラスを割るなどして侵入、毛布や枕などを盗んでいたとみられる。寝具類の収集癖があると供述しているという。

 男は昨年9月、小浜市内外海公民館への建造物侵入未遂容疑で逮捕、同10月に同市西津小への建造物侵入、窃盗容疑で再逮捕された。福井県内ではこのほか、同市内外海小、旧国富小、旧宮川小、若狭町熊川小が被害に遭った。