越前町長選挙立候補者のポスター=3月2日、福井県の越前町役場

 任期満了に伴う福井県の越前町長選挙は3月2日告示され、午後5時に立候補の届け出が締め切られた。無所属新人で前町議会議長の青柳良彦氏(62)=西田中=と、3選を目指す無所属現職で自民党推薦の内藤俊三氏(73)=天王=が立候補し、一騎打ちの選挙戦となった。

⇒越前町長選挙の開票速報ページはこちら

⇒越前町議会議員選挙の開票速報ページはこちら

 青柳候補は地盤の朝日地区で出陣式を行い「町内4地区バランスよく、皆さんの住みやすい町にしていくことが私の使命だ」と力を込めた。

 内藤候補は地盤の朝日地区で行った出発式で、2期8年の実績をアピールし「引き続き、住みよく素晴らしい越前町をつくりたい」と訴えた。

 越前町議会議員選挙も同日告示され、定数14に18人が立候補し、選挙戦に入った。

 町長選、町議選ともに投票は7日午前7時から午後8時まで(一部午後7時まで)町内25カ所で行われ、午後9時から町生涯学習センターで開票される。期日前投票は3~6日の午前8時半から午後8時まで、町役場と宮崎、越前、織田の各コミュニティセンターで行われる。