新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 奈良県は3月1日、新型コロナウイルスに感染した90代男性が死亡し、40~70代の男女7人が感染したと発表した。県内の死者は47人、感染確認は3291人になった。

 県によると、亡くなった男性は、クラスター(感染者集団)が生じたと認定された上牧町の老人ホーム入居者。感染が分かった7人のうち5人は、天理市の事業所の従業員。この事業所では既に2人が感染しており、県はクラスターと認定した。