リニューアルされた福井県立恐竜博物館の恐竜化石の展示=27日午前、福井県勝山市

 開館20周年を迎えた福井県立恐竜博物館(勝山市)は27日、同市の約1億2千万年前(白亜紀前期)の地層で見つかった恐竜や動物の展示をリニューアルした。8種の恐竜化石など約500点が並び「これまでの発掘調査や研究の集大成。福井の恐竜を一通り再現する充実した展示になった」とPRしている。

 新たに常設展示したのは、スピノサウルス科やヨロイ竜類の歯化石のほか、竜脚類フクイティタンの長さ2メートル弱の「前肢」「後肢」の骨格など、約140点。獣脚類のフクイラプトルやフクイベナートルは最新の研究に基づき、姿勢を見直した全身骨格に入れ替えた。