1次リーグC組の試合でショットを放つ松村(左)、谷田組=みちぎんドリームスタジアム((C)JCA IDE)

 カーリングの日本混合ダブルス選手権第3日は25日、青森市のみちぎんドリームスタジアムで1次リーグが行われ、C組で松村(中部電力)と谷田(コンサドーレ)の前回優勝ペアが、松村の両親が組む軽井沢CCに8―1で快勝し、開幕4連勝とした。

 A組の北沢(中部電力)両角友(TM軽井沢)組はチーム石垣を7―3、チーム福岡を6―3で下し4勝1敗。B組で前回準優勝した藤沢(ロコ・ソラーレ)山口(SC軽井沢ク)組は園部・小野寺組を10―2で退け、3戦全勝とした。