「何度も死のうと思った」と語る男性。今は恋人との明るい未来を思い描く

 中学時代から何度も死にたいと思った。関西に暮らす40代男性は、小学5年の時に母親を亡くし、相談する人も居場所もなかった。32歳の時、死ぬつもりで来た福井県坂井市三国町の東尋坊が、人生をやり直すきっかけになった。今は恋人と描く未来が生きる力になっている。男性は「命を粗末にしてはいけない。今は死ぬことが怖い」と語る。

 ■ ■ ■

 幼い頃に両親が離婚し、母が亡くなった後は親戚の家で暮らした。「面倒を見るのは高校卒業まで。頼むから恥をかかせるような生き方をしないでくれ」と言われた。家で交わす言葉は「おはようございます」「おやすみなさい」だけ。祖父母との食事の時間だけが救いだった。

 中学校で、両親がいないことや体形でいじめに遭い、リストカットを数回した。高校生の時、祖父母が亡くなると居場所がなくなった。物置で首をつろうとしたが、ひもごと落ちた。

 高校卒業後、憧れていたホテルマンになった。家族や恋人と幸せそうな客を見ていると、自分の境遇をみじめに感じた。半年で辞め、20歳になると歓楽街で働き始めた。関東や九州を転々とし、将来が描けず、稼いだ分だけパチンコや飲み代に使った。給料では足りず借金も重ね、32歳の時には200万円に膨らんでいた。「死ぬしかない」。ふと、テレビで見た東尋坊が頭をよぎった。