抽選会を終え、意気込みを語る大島主将(左)と東監督=敦賀気比高

 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕・甲子園球場)で、北信越地区代表の敦賀気比は大会第5日(23日)の第3試合で関東地区代表の常総学院(茨城)と1回戦を戦うことが決まった。敦賀気比の大島主将は「日本一を目指してやっているので、一戦一戦目先の試合を全力で戦いたい」と活躍を誓った。

⇒センバツ2021組み合わせ

 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、出場32校の主将がリモート参加した2月23日の組み合わせ抽選。大島主将は本抽選で、既に抽選を終えていた常総学院の隣の番号を引いた。

 常総学院は春夏1回ずつ全国制覇している強豪。大島主将は「(昨秋は)激戦の関東大会で準優勝していて、投打ともにレベルの高い印象。難しい試合になる」と語った。しかし「どこの高校とあたっても厳しい戦いが続く」と、強豪との対戦にも動じた様子は見せない。

 常総学院は、速球を持ち味とする右腕の二枚看板が軸だ。打線が苦しむことも想定されるが、大島主将は「(本格派投手を)打てるように速い球を振り込んできた。振れるようになってきているし、いい打球も打てるようになっている」と頼もしさを見せた。

⇒過去記事や速報充実「高校野球特集」

 抽選会が例年より早く行われたため、東監督は「しっかり相手を研究して試合に臨みたい」と話す。今後、敦賀気比は徳島県内で合宿を行う予定。今年は天候に恵まれず、グラウンドで練習できたのはわずか。3月6日からは対外試合も解禁される。指揮官は「実戦感覚を早く戻すのが大事」と見据えた。