新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 埼玉県で2月18日、新型コロナウイルスに感染していた70~90代の男女8人の死亡と、210人の感染が確認された。県とさいたま、川口、越谷、川越の各市が発表した。また、県は英国で報告されている変異株に10歳未満の男児が感染したと明らかにした。

 各自治体によると、川越市のグループホームで5人の陽性が判明。感染者は計10人となり、市はクラスター(感染者集団)と認定した。変異株感染の男児は、変異株のクラスターが起きた子どもが通う施設の利用者で、同施設関連の変異株感染者は計20人に達した。

 県は、8日に陽性と発表した1人が2度目の検査で陰性になったとし、同日の県内の感染者数を1人削除、120人に訂正する。