うれし、たのし、おすし。
 

 

パッと食卓を華やかにしてくれる「お寿司」。

割烹レストラン「開花亭sou-an」のシェフに
教えてもらう簡単なおうちずしの
レシピやおいしいすし飯の作り方、
手巻きずしの具材アレンジなど。
バリエーション豊かな
“おうちずし”を紹介します。

ハレの日を彩る飾り巻きずし
 

 

運動会やハレの日に、家庭で巻きずしを
作った思い出がある人も多いはず。

福井県出身の三味線奏者であり、
「飾り巻きずしインストラクター」として活動経験もある片桐あこさんに、飾り巻きずしの魅力や基本の巻き方を教えてもらいました。

鮨の名店案内。
 
 

 


ネタはもちろん、魚の締め方や
すし飯の合わせ方など、職人の技と
こだわりは細部に至ります。

嶺北から嶺南まで、
職人の個性が光る名店を案内します。

ペアリングのすすめ


お寿司と言えば日本酒を合わせることが
多いですが、実はワインも合うんです。

お寿司のネタ別に、ピッタリ合う
ワインをペアリングします。

 

アートなお寿司
 

 

 


カラフルなシャリやエディブルフラワー
で彩られたお寿司や、
極上の肉4種を使った贅沢な肉寿司など。

味はもちろん、見た目でも楽しく
思わず写真に撮りたくなるような
美しいお寿司をまとめました。

 

おすしのハナシ


実は奥深いすしの歴史や、
「寿司」「鮨」などの漢字の秘密、
カウンター寿司の心得など、
知ったら人に話したくなる
おすしの雑学を詰め合わせ。

福井で獲れる豊富な寿司ネタも
イラストで紹介します。

 

お持たせおすし手帖
 
 

新鮮な甘海老の食感が
楽しめる押し寿司や
食べやすさと食べ応えを両立した
ユニークないなり寿司など、
手土産にぴったりな、個性が光る
おすしを集めました。

 

ふくいの郷土寿司


焼き鯖寿司や、木葉寿司、
へしこ寿司やにしん寿司など
福井には各地で受け継がれている
郷土寿司が根づいています。

そんな福井の寿司文化を、
郷土料理研究家の佐々木京美さんが
語ります。

 

春も近づき、お祝い事の多い3月。
「ハレの日」をお寿司で彩ってみては。

 

巻頭特集 暮らしと道具

≫【月刊fu】デジタル版はコチラ

※デジタル版をご覧いただくには「福井新聞D刊プラン」のご登録が必要となります。

 
 
うれし、たのし、おすし。
ハレの日を彩る飾り巻きずし
鮨の名店案内。
ペアリングのすすめ
アートなお寿司
おすしのハナシ
お持たせおすし手帖
ふくいの郷土寿司

  ≫第2特集『ポジティブ終活』はこちら

≫【月刊fu】これまでの記事はこちら