大粒のイチゴ「イチゴザウルス」=福井県坂井市

 福井県坂井市春江町のイチゴ農家、池田天瑠さん(25)が、甘く大きく育てた「紅ほっぺ」を「イチゴザウルス」とネーミングし販売している。今週末までの販売を予定。

 ほどよい酸味が特徴の「紅ほっぺ」。発育の良い二番果に限定し、摘果して栄養を集中させることで甘みと大きさを増した。さらに重さが通常の約3倍の60グラムを超えたものに厳選した。

 粒がごつごつとして大きいことから恐竜を連想し、商品名を付けた。池田さんは「これをきっかけに自分のイチゴを多くの人に知ってもらいたい」とし、自身が育てているイチゴ「ICHIGOOJI(イチゴ王子)」の名物商品にしたいと意気込む。

 販売は坂井市ゆりの里公園内の農産物直売所「ゆりいち」で、1粒500円(税別)。1日10~30個限定。