新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 神奈川県で2月15日、新型コロナウイルスに感染した11人の死亡と、新たに71人の感染が明らかになった。県と横浜、川崎、相模原、横須賀、藤沢、茅ケ崎の各市が発表した。県内の1日当たりの感染者発表数が100人を下回るのは、65人だった昨年12月7日以来。

 横浜市によると、亡くなった90代男性には糖尿病などの基礎疾患があり、クラスター(感染者集団)が発生した済生会横浜市南部病院(港南区)に入院していた。同病院関連の死亡は8人目。