東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の辞任表明は、女性蔑視発言が引責につながる見本となった。何回も繰り返されてきた与党自民党の重鎮による女性差別発言が、単なる謝罪で終わっていたことに比べれば...