小林化工本社=福井県あわら市

 小林化工に過去最長の業務停止命令が出された2月9日、地元福井県あわら市では、約800人の従業員の雇用や事業の先行きに不安が広がった。

 佐々木康男市長は「市への貢献も多大だっただけに誠に残念。製造管理を徹底し、従業員の雇用を守って、信頼回復に努めてほしい」とのコメントを発表した。市は今後、再建に向けた取り組みについて小林化工側に報告を求める方針。

 同社元幹部の男性は「社長は腰が低く、表裏がない。敵をつくらない良い人だった」とした上で、「(今回の問題は)残念の一言」と声を落とした。

 大手化学メーカーに勤務していたという同市の70代男性は「人命に関わる以上、二重三重のチェック体制の構築は不可欠。企業の急成長で、人員の供給はもちろん教育も追いつかなかったのだろう」と指摘した。