(C)2019 Factory Gate Films All Rights Reserved

 カンヌ映画祭や東京フィルメックスで評判となった中国映画だ。富春江が流れる浙江省杭州市富陽を舞台に、老母と4人の息子、孫たち3世代による大家族の営みが四季の移ろいの中で描かれる。監督は、これが長編デビューとなるグー・シャオガン。

 スケール感のある堂々たる長編だ。その老練な手さばきはとても新人とは思えない。恐らく先人の名作から学んだことを、しっかりと実践できているからだろう。分かりやすいところでは、ホウ・シャオシェンやジャ・ジャンクー、あるいは溝口健二の影響が感じられる。対して、画面はあくまでも具体なのにどこか象徴的な寓意性を醸しているところは、同世代のビー・ガンにも通じる新しい感覚だし、生まれ故郷を舞台に身内である素人たちを多くキャスティングしている手作り感も独自の作家性となっている。そこに大きく貢献しているのが、大河・富春江だ。

 例えば、山水画のように美しい入り江の奥には対岸のビル群がそびえ、無数の釣り竿が糸を垂らしているのに、魚は掛かりこそすれ釣り上げる者は誰一人いない。カメラの流麗な横移動もこの川に支えられている。とりわけ、孫娘とその恋人を追った延々と続く長回しが素晴らしい。溝口的な計算された長回しというより、臨場感やアクシデントを狙った長回しで、生々しい緊張感が秀逸だ。本作は3部作の1作目とのこと。家族のその後が早く観たい! ★★★★★(外山真也)

監督・脚本:グー・シャオガン

出演:チエン・ヨウファー、ワン・フォンジュエン

2月11日(木)から全国順次公開