「御殿當田屋」おかみ・栗田もも乃さん

福井県鯖江市の老舗料亭「御殿當田屋(とうでや)」のおかみ・栗田もも乃さん(24)に、おかみの仕事の楽しさや苦労を聞きました

>>取り上げて欲しい職業や質問の投稿はこちら

■着物選びはとっても楽しい

―おかみの仕事とは。

 基本はお客さまのおもてなしです。まずはお出迎えして、お部屋へのご案内。お食事の最中には、お酒をついだり、お話をしたりします。

―お客さんが来る前後は。

 お酒の注文や席の確認のほか、お花を生けたり、三味線などの習いごとに通ったりしています。お客さまがお越しになる1時間ほど前から着物を着て支度をします。

 帰られた後は、スタッフ全員での後片付けに加わります。遅くても11時ごろには終わります。

―何人ぐらい働いているんですか。

 料理人である祖父と父、それに私以外はアルバイトで、普通の月は12~13人、繁忙期は20人ほどです。調理、お皿洗い、お料理を運ぶ「お運び」、お掃除の人がいます。

―着物はたくさんあるんですか。

 数えきれません。母から受け継いだもので、祖母が着ていたものもあります。1カ月に1度、その月に着るものを選ぶのですが、とっても楽しいです。着物を着るとスイッチが入りますね。

■お皿の片付けは誰より早い

―仕事をしていて楽しいときは。

 先々代のおかみである祖母は私の生まれる前に亡くなっているので、長く通ってくださっているお客さまから聞く祖母の話は楽しいです。豪快だけどとても美人だったと聞きます。

―いつからこの仕事に。

 22歳のころ、おかみになりました。先代の母が病気で亡くなったためです。アパレル関係の会社を辞めて戻ってきました。福井高専生だったときは、お料理を運ぶアルバイトをしました。もっと小さいころは、お皿を洗い場に運んだり、洗ったお皿を片付けたりのお手伝いをしていました。

―お皿もたくさんありそうですね。

 数百種類あると思います。お皿の片付けは、どのスタッフよりも多くやっているので、誰より早い自信があります。

■話題は新聞で仕入れる

―応対で心がけていることは。

 おかみという立場なので、自分ばかり話さないようにしています。聞かれたら返すけど、基本的には聞き役です。ただ、私に話してほしい方やお酒を飲んでほしい方など、いろいろなお客さまがおられるので、様子に合わせて応対しています。

―話題に困るときはありませんか。

 毎日必ず新聞を読み、地域のニュースなどを知るようにしています。小さいころから、家で「新聞を読め、読め」と言われてきましたが、おかみになってから特に大切さが分かりました。

―お客さんの顔は覚えられますか。

 もともと顔を覚えるのは得意な方ですし、しっかりお話をさせていただくので、その内容と一緒に覚えています。注文の内容や集まりの趣旨は、専用のノートを作ってスタッフと共有しています。

―若いからこその苦労はありますか。

 お客さまはお父さん、おじいちゃん世代が多く、中心は60~70代です。昔の歌手やタレントの話は分からないことも多く、勉強しなくちゃいけません。

―忙しい時期はいつですか。

 いつもの年なら、ピークは忘年会と新年会のある12月と1月。職場の歓送迎会などで5月ごろまでは忙しい時期が続きます。逆に夏場は余裕があります。完全予約制なので、予約がなければ店はお休みです。

―新型コロナウイルスの影響は。

 めちゃくちゃ打撃です。大きな宴会がなくなり、新年会も全てキャンセル。でも私の中では母が亡くなったときほどの試練じゃありません。

■音楽なら母に勝てる

―高専時代に「鯖江市役所JK課」に参加したと聞きました。

 立ち上げのメンバーだったので、前例がなく、みんなでやりたいことをやっていました。いまは仕事の会話の中で大事なおしゃべりのネタ。かなり武器になっています。

―小さい頃はどんな子どもでしたか。

 好奇心があっていろんなことをやっていました。サックスやピアノ、塾にも通って、小学生の頃はとても忙しかったです。その経験は、いま三味線に生きていると思います。

―お客さんの前で弾くんですか。

 まだまだ上手とはいえませんが、披露することでうまくなっていくと思うので、常連さんの前やお祝いのときに弾くことがあります。母は三味線が苦手だったようで、ずっと習っていたのに1度も人前で弾いたことがなかったようです。ほかのことはまだまだですけれど、音楽だったら母に勝てると思っています。

 

次回のお知らせ

 次回じかいのインタビューは、福井市ふくいしのお花屋はなやさん「フラワーカドヤ」の角谷佳剛社長かどやけいごしゃちょう(31)。花束はなたばつくったり、おきゃくさんに季節きせつはなをすすめたりしています。質問しつもんつのっています。QRコードをり、投稿フォームからおくってね。りは2月7がつなのかです。はなしきたい県内けんない職業しょくぎょうひと募集ぼしゅうしています。