福井県鯖江市の道の駅「西山公園」で人気の「水ようかんバーガー」

 福井県鯖江市の道の駅「西山公園」に、福井の冬の味覚、水ようかんを使った冬季限定メニュー「水ようかんバーガー」が今季も登場した。バンズからあふれそうなほどホイップクリームをたっぷり使い、見た目は豪快で、甘さは控えめ。意外な組み合わせが人気を集めている。

 県外客に福井名物を知ってもらおうと同道の駅が開発した。バターを塗って焼き上げたバンズに水ようかん、きなこ、ホイップクリームを挟んでいる。水ようかんは市内菓子店がバーガー用に円形に作った特注品で、黒糖控えめの優しい甘さでクリームとの相性もいい。きなこの風味がアクセントになっている。

 「水ようかん羽二重餅バーガー」もある。水ようかんとバンズの間に一口サイズの羽二重餅を4~5個挟んでおり、もちもちとした食感だ。

 伊藤努駅長は「おやつ感覚でぜひ食べに来て」と話している。水ようかんバーガーは300円、羽二重餅入りは400円(共に税込み)。2月末ごろまで販売する予定という。

関連記事