不織布3枚をシルクで挟み込んだ5層構造の「ナノ×シルクマスク」。カラーバリエーションも豊富=福井県坂井市の小杉織物

 浴衣帯、絹マスク製造の小杉織物(福井県坂井市丸岡町猪爪、小杉秀則社長)は、医療機関で新型コロナ感染防止対策にも使われる「N95マスク」と同等の性能を持つ「ナノ×シルクマスク」を商品化した。高機能な不織布のフィルター3枚を、肌に優しい天然素材のシルクで挟み込んだ安心の5層構造になっている。

 不織布マスクは、布やウレタンより飛沫(ひまつ)を外に漏らさないが、息がしづらいとされる。新型コロナ感染拡大が続く中、高性能で呼吸しやすいマスクを目指し不織布と布マスクのいいところを結集させたという。

 同社によると、商品化したマスクに使う「Zettaナノファイバーフィルター」は、分子と分子が引き合う力で空気中のウイルスと同じの大きさの微粒子(100ナノメートル)を99%以上キャッチできる。日本のナノファイバーの第一人者として知られる東京工業大の谷岡明彦名誉教授が開発した。空間が多い構造で息がしやすく、抗菌作用もあり100回以上洗濯しても捕集効率が減らないという。

 さらに、ウイルスの数を減少させる東洋紡のフィルターと、一般的な不織布マスクと比べて2・5倍の厚みがある小杉織物独自のフィルターを付加した。同社製は目が粗いが厚みがあり、菌がフィルター繊維のどこかで捕集される。これら3枚重ねのフィルターを、肌触りがよく通気性や吸湿・放湿性に優れるシルクで挟む構造だ。

 緊急事態宣言が発出されている都市部を中心に引き合いが多く、小杉社長は「コロナ禍を乗り切るため、感染が心配でどうしようもない人、コロナと闘う医療従事者に届けることができたら」と話している。

 同社ホームページで取り扱い、11色展開で3960円。カシミヤやウール素材もある。クラウドファンディング「マクアケ」では、メーク汚れが落ちやすい加工を施した商品もある。

関連記事