新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 奈良県と奈良市は1月25日、新型コロナウイルスに感染していた奈良市の70代男性が死亡し、乳幼児から60代の男女18人が感染したと発表した。県内の死者は36人、感染確認は2820人になった。

 県などによると、亡くなった男性は7日に発症し、12日から入院していた。感染判明の18人のうち2人は、生駒市の認知症高齢者施設の職員と、大和高田市の劇場であった公演の観客。この施設と劇場ではクラスター(感染者集団)が発生している。

関連記事