1月24日午前6時時点の積雪の深さ(気象庁HP引用)

 日本の南岸を低気圧が通過する影響で、関東甲信では1月24日にかけて、これまで積雪のなかった平野部など広範囲で大雪となり、東京23区でも積雪の恐れがある。国土交通省や気象庁は23日、車の立ち往生や交通ダイヤの乱れに警戒を呼び掛けた。大雪が予想される地域では不要不急の外出は控えるよう求めた。

 国交省によると、車を運転する場合は、冬タイヤの装着やチェーンの携行などが必要。除雪で道路が通行止めになる可能性があり、公共交通機関は大規模な遅延や運休が発生する恐れもあるという。JR東日本は24日に特急あずさやかいじなど一部の列車の運休を実施する予定。

 前線上に発生した低気圧は、関東の南海上を発達しながら東進する見込み。気象庁は大雪による路面凍結や、着雪、雪崩にも警戒を呼び掛けた。予想より降水量が多くなったり、気温が低くなったりすると、降雪量がさらに増えて警報級の大雪となる可能性もある。

 24日午後6時までの24時間予想降雪量は、いずれも多い地域で、甲信、関東北部の山沿い、箱根から多摩・秩父にかけて30センチ、関東北部の平野部で10センチ、関東南部の平野部と東京23区で5センチ。その後も、山間部を中心に雪が降る地域がある。

関連記事