新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 英政府は1月22日、英国内で見つかった感染力が強い新型コロナウイルス変異種の死亡率について、従来型を1%とすると1・3~1・4%と高い可能性があることがデータから分かったと発表した。まだ多くの不明確な点があるとしているが、日本など50カ国以上に広がる変異種の脅威が改めて示された。

 ジョンソン首相と共に記者会見したバランス首席科学顧問によると、60代の千人に感染した場合に出る死者数は、従来型を10人とすると、変異型は13人か14人の可能性があることがデータから分かった。

 バランス氏は「これらの数字には多くの不明確な点があり、さらに調べる必要がある」とも強調した。

関連記事