【「死にたい」に寄り添って】自殺覚悟するほどの悩み…メール相談に応じるも「ほざくな」 顔の見えない対応の難しさ

 私たちのNPO法人「心に響く文集・編集局」は、福井県の東尋坊で自ら命を絶とうとしている人を探し求めて自殺を食い止め、再出発するまでの支援活動をしている団体であり、常に自殺企図者に深く向き合ってきました。なので、一般的な悩みごとの相談はお断りしてきていました。しかし、昨今の新型コロナ禍による影響により自殺者が増加するのではと危惧されており、2020年7月から電話相談や面接・メール相談にも応じることにしたところ、同月からの半年間で全国26府県から161件の相談がありました。この「顔」の見えないメールや電話による相談の難しさについて感じいっているところであります。

 2020年12月2日付けでこんな内容のメール相談を受け付けました。

 「うつ病を患う現在休職中です。妻に見捨てられ、子どもも妻に連れられ実家に帰ってしまいました。離婚調停を受けたものの不調となり、裁判にかけると告げられました。今後、子どもに会えなくて苦しく、私には裁判にかかる弁護士費用も無いため自殺を決意しています…」

 このメールを受け私は▽裁判費用が無い場合は、法テラスを頼る道もある▽子どもに会うためには、調停や裁判により会うこともできる▽うつ病になったことについて、公務障害として認定される可能性がある▽両親や妻に対して、うつ病についての理解を得るための努力をすべきでは―と返答しました。
 
 この提言は、私たちにとっては真剣に考えたものでしたが、相談してきた男性には通じなかったようです。返ってきたメールは、「私が書いたあれだけの文章で私の事情を理解してもらうことは無理ですね…。あなたからのメールで、さらに追い詰められました」「あなたが言ってくれた提言は、まわりの人からも腐るほど言われてきました。法テラスについては過去に利用したこともあり、適当にあしらわれました。両親に対しては、何十回もうつ病者のしんどさについて理解してもらうために何冊もの書籍を渡しましたが1ページも読んでくれませんでした」。

 さらにメールには「これまでの経緯について、私にも非があったと思います。私はもう疲れました。死にます。ありがとうございました」と書かれていました。

 私は「絶対、自殺はダメです…。生きてさえいれば、必ず生きていて良かった…と思う時が来ますよ」とメールしました。そうしたところ、

 「おい、じじい! 偉そうなこと抜かすな…」「今すぐ、自殺防止をしている看板を下ろして二度と自殺者を救うなんて立派なことをほざくな…」と新年早々に、これまでは丁寧な文面でしたが一変したメールが届いたのです。

 私は、このメールを無視して放置しておくべきか、回答すべきかについて相当悩みました。相談してきた男性の精神状態を考えれば自制心を失ってしまうのも仕方がないかもしれませんが、このまま放置しておくと今後さらにエスカレートし強要や業務妨害などの犯罪にまで発展する恐れもあると考え、迷いましたが「私は民間人でありボランティアで自分が出来るだけのことをしている団体である…」ということを伝えるとともに、今後、一切のメールや電話、面会などはお断りすることを伝えました。

 すると男性から直ぐに謝罪のメールがあり、「私の不徳の致すところでありました。今後、二度と連絡しませんし、貴殿の前には現れませんのでご安心してください。失礼します」と記されていました。

 私は、彼が私に期待した回答は何であったのか。何も回答せずに愚痴だけを聴くだけで良かったのか…などと自問自答しました。

  メールや手紙などの活字によるやりとりには「誤解」「解釈の違い」「言葉足らず」などが発生してお互いの「真意」が通じないこともあり、「顔」の見えない人に対する相談業務の難しさを改めて痛感しました。

 相談業務は、身近に相談できる人がいなくて途方に暮れている人達を相手にして「生きる意欲や望み」を取り戻してもらうための活動であると認識しています。
現在新型コロナ禍のため直接会うこと自体が難しくなってきています。家庭内の問題、健康問題、就職難とさまざまな相談が寄せられている中、私たちはどう寄り添ってサポートできるかについて考えている昨今です。

  ×  ×  ×

 福井県の東尋坊で自殺を図ろうとする人たちを少しでも救おうと活動するNPO法人「心に響く文集・編集局」(茂幸雄代表)によるコラムです。

 相談窓口は電話=0776817835

関連記事