ミスなでしこ日本2020で着物美人賞を受賞した加藤紗也佳さん=2020年12月、京都市内のホテル

 和の文化を身に付けた女性のコンテスト「ミスなでしこ日本2020」で、福井県代表として参加した福井県永平寺町の加藤紗也佳さん(25)がベスト8に入賞し、「着物美人賞」に選ばれた。加藤さんは「コロナ禍で活動が制限されるが、SNS(会員制交流サイト)などで福井の魅力を発信していきたい」と話している。

 昨年12月に京都市で開かれたコンテストには各都道府県の代表が参加し、着物と水着でのウオーキング、それぞれの地元をPRする20秒のスピーチで競った。

 加藤さんは19年、ミス加賀友禅に選ばれた。「着物文化が身近になり、すてきだと思えた」。着付けも自分でできるようになったことなどからコンテストに応募した。

 20秒スピーチで「福井で着物文化を発信したい」と力強くアピールした加藤さん。「着物美人賞は、ほしかった賞。うれしいです」と喜びを語った。

 コンテストは京都市のイベント会社が18年から開いており3回目。

関連記事