最近うわさのセレクトショップ
 
 

2019年12月にオープンした福井市の雑貨店
「HERE&NOW」や月に3時間だけオープンする
大野市の「MEI.store」など
ここ数年にオープンした新店を中心に、
気になる雑貨店を訪問。

店主のセンスと暮らしを楽しむ
ヒントが見つかりました。

 

古いものをいとおしむ。
 
 

今、古いものを使い継ぐことが
新しい“ものとの付き合い方”
として注目されています。

ロングライフデザインがコンセプトの
南越前町の雑貨店「ゲノムリアルストア」
店主の藤岡ヨシオさんが新しく始めようと
している「ゲノム古道具部」や、
越前漆器メーカー「漆琳堂」の
当主による伝統技法「金継ぎ」など、
古いものを長く使い継ぐ方法を紹介します。

 

あの人の暮らしの愛用品
 
 

タオルや鍋、うつわなど毎日
使うものだからこそ、丈夫で
美しいものを選びたいもの。

福井県内でセレクトショップや
カフェを営む方々に、10年以上
愛用している品々を伺いました。

 

ものを楽しむスタイリング術


お気に入りの雑貨をもっと素敵に
飾るために、今日から実践できるアイデアを
インテリアコーディネーターの
清水友恵さんに教わりました。

 

暮らしの道具が生まれる場所
 
 

小さなオブジェから日常使いできるプレートまで、
さまざまな作品を手掛ける南越前町在住の
木工作家・坂井幸史さん。

作品が出来上がるまでの過程や
作品に込められた思いを伺いました。

 

福井はほしいモノにあふれてる
 
 

福井には、毎日を楽しくしてくれる
“いいもの”がたくさんあります。

ワタリグラススタジオの「あまつぶトレイ」や
ろくろ舎の「TIMBER POT」など、
福井の職人やショップが手掛けた
暮らしのアイテムをまとめました。

 

「おうち時間」を心地よくさせることに
焦点が当たるようになったこの頃。
長く使い続けたいと思える、
お気に入りの「もの」を見つけてみませんか。

 

巻頭特集 暮らしと道具

≫【月刊fu】デジタル版はコチラ

※デジタル版をご覧いただくには「福井新聞D刊プラン」のご登録が必要となります。

 
 
最近うわさのセレクトショップ
古いものをいとおしむ。
あの人の暮らしの愛用品
ものを楽しむスタイリング術
暮らしの道具が生まれる場所
福井はほしいモノにあふれてる

 ≫第2特集『そろそろ、インドカレー。』はこちら

≫【月刊fu】これまでの記事はこちら