新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 山口県は1月19日、47人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は966人となった。1日当たりの発表人数としては18日の88人に次ぎ、過去2番目に多い。

 下関市では15人の感染が判明。うち7人は同市の病院の職員4人と入院患者3人で、市はクラスター(感染者集団)の発生と認定した。18日にクラスターが確認された宇部市の病院では、新たに患者18人と職員ら4人の感染が分かった。

関連記事