新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 山口県は1月18日、88人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの発表人数としては過去最多。これまで最多だった16日の37人の2倍超に当たる。県内の感染確認は919人となった。

 県などによると88人のうち68人は、精神科などがあり認知症患者らが入院する宇部市の病院の職員20人と50~90代の患者48人で、県はクラスター(感染者集団)の発生と認定した。

 村岡嗣政知事は記者会見し、療養病床のある県内約100の医療機関に対し、感染対策が適切に講じられているか保健所職員が検査すると表明。「これまでと比べものにならない規模の感染で、重要な局面だ。何としても感染拡大を防ぎたい」と語った。

関連記事