大学入学共通テスト2日目(2021年1月17日)に実施された理科2の地学。出題について大手予備校による難易度や傾向など問題分析を速報する。

 【地学】知識に加え、読図や計算など多彩な出題だった。正答を絞りやすいものと、細かい知識が必要なものが混在し、昨年と比べ図表を用いた問題や考察を求める問題は減少。問われていることは従来通り教科書の内容で、リード文や問題文の文章量は多いものの、しっかり読めば解答できる。計算問題は複雑ではない。分野ごとの出題数の内訳は昨年に近い。第1問は分野横断的な出題で、第3問は岩石に関する探究活動のリポート形式だった。(代々木ゼミナール)

⇒文系、理系の予想平均点は

 各教科科目の問題分析は以下の通り。

【英語】

⇒英語・リーディングの問題分析

⇒英語・リスニングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史・公民】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

⇒政治・経済の問題分析

【理科1】

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

⇒物理基礎の問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

⇒化学の問題分析

【数学】

⇒数学I・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析