大学入学共通テスト2日目(2021年1月17日)に実施された理科2の生物。出題について大手予備校による難易度や傾向など問題分析を速報する。

 【生物】身近な自然や事象に含まれる生物学的に重要なテーマが分野横断的に出題された。単純な知識問題はほとんどなく、実験・観察や資料解析を通じて読解力や考察力、解析力など総合的な理解度を試す内容だった。第1問は乳糖がテーマで、問4は複数の実験データを総合し、一塩基多型のタイプと形質の対応関係を読み取って選択肢を吟味する必要がある。データを読み取るだけでなく、さらに考察を1段階踏まなければならない点が新傾向と言える。(代々木ゼミナール)

⇒文系、理系の予想平均点は

 各教科科目の問題分析は以下の通り。

【英語】

⇒英語・リーディングの問題分析

⇒英語・リスニングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史・公民】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

⇒政治・経済の問題分析

【理科1】

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

⇒物理基礎の問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

⇒化学の問題分析

【数学】

⇒数学I・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析

関連記事