大学入学共通テスト2日目(2021年1月17日)に実施された数学1の数学Ⅰ・数学A。出題について大手予備校による難易度や傾向など問題分析を速報する。

【数学Ⅰ・数学A】2次関数は100メートル走が題材で、タイムが最小となる時の1歩当たりの進む距離と1秒当たりの歩数を求める出題だった。こうした日常の事象に加え、会話文もあり、戸惑った受験生が多かったと思われる。昨年より時間が10分延びたが、それでは賄えないほど出題分量が増え、時間内での全問解答は厳しかっただろう。都道府県別の就業者数割合のデータに関する出題は、箱ひげ図などの基本的な知識が身に付いていれば読み取りやすかった。(河合塾)

⇒文系、理系の予想平均点は

 各教科科目の問題分析は以下の通り。

【英語】

⇒英語・リーディングの問題分析

⇒英語・リスニングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史・公民】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

⇒政治・経済の問題分析

【理科1】

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

⇒物理基礎の問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

⇒化学の問題分析

【数学】

⇒数学I・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析

関連記事