福井県内は1月19日に冬型の気圧配置が強まるため、山地を中心に大雪の恐れがある。

 福井地方気象台によると、18日は寒冷前線が北日本を通過する見込み。同日午後6時までの24時間予想降雪量は多いところで嶺北の平地10センチ、嶺北の山地と奥越20センチ。嶺南は平地2~5センチ、山地10センチ。

 19日午後6時までの24時間では平地10~20センチ、山地30~50センチの降雪量が予想されている。

 同気象台の天気予報(17日午後5時発表)によると18日は嶺北が雪ときどき曇りでところによって昼過ぎから雷を伴う。嶺南は曇りで朝晩に雪か雨、ところによって昼過ぎから雷を伴う。19日は嶺北、嶺北ともに曇りときどき雪の予報。

関連記事