大学入学共通テスト2日目(2021年1月17日)に実施された理科1の「化学基礎」。出題について大手予備校による難易度や傾向など問題分析を速報する。

 【化学基礎】大学入試センター試験で出ていた小問集合形式に加え、比較的長い問題文に関する問いをいくつか配置する大問形式が出題された。実験を考察する大問形式は慣れていないと戸惑ったかもしれないが、設問は基本的なものもあった。昨年よりやや難化。小問集合の第1問は、基本的で得点しやすい出題が多かった。大問形式の第2問は共通テストの特徴で、思考力を要する出題が見られたが、知識があれば解答できる平易な問題もあった。(代々木ゼミナール)

⇒文系、理系の予想平均点は

 各教科科目の問題分析は以下の通り。

【英語】

⇒英語・リーディングの問題分析

⇒英語・リスニングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史・公民】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

⇒政治・経済の問題分析

【理科1】

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

⇒物理基礎の問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

⇒化学の問題分析

【数学】

⇒数学I・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析