加藤勝信官房長官は17日のフジテレビ番組で、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、欧米各紙が今夏の東京五輪が中止となる可能性を相次いで報じたことに対し、開催方針に変更はないと報道内容を否定した。「場所やスケジュールが決まっており、関係者が感染対策を含め準備に取り組んでいる」と述べた。

 東京五輪の開催を巡っては河野太郎行政改革担当相が14日、ロイター通信のインタビューに対し「どちらに転ぶかは分からない」と言及した。

 日本の閣僚で初めて東京五輪・パラリンピックの開催中止の可能性に触れたことを根拠の一つとして、海外メディアが悲観的な論調で伝えていた。

関連記事