世界ハンドボール会場で、試合後に防護服姿で消毒を行う作業員=16日、カイロ(ロイター=共同)

 国際ハンドボール連盟は16日、エジプトで開催されている男子世界選手権の1次リーグA組に入っている西アフリカの島国カボベルデの2選手が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと明らかにした。当該選手はただちに隔離措置に入った。

 2選手は1月はじめにも陽性判定を受けていたが、エジプト入りする前の検査では陰性だったという。大会規則では、試合にはGK1人を含む最低10選手が必要。11選手で今大会に臨んでいるカボベルデは、17日の予定だった第2戦のドイツ戦は不戦敗(0―10)となった。

 大会には32チームが参加。日本はC組に入っている。(共同)

関連記事