大学入学共通テスト1日目(2021年1月16日)に実施された地理歴史の「日本史B」。出題について大手予備校による難易度や傾向など問題分析を速報する。

 【日本史B】従来と比べ、個々の設問で図版や地図、統計など多様な資料を用いた出題が増加。教科書などで扱われていない初見の資料でも、そこから得られる情報と、授業で学んだ知識を関連付ける問題が多く出題されており、受験生に「思考力・判断力」を求める姿勢がより鮮明になった。博物館での高校生の会話文を素材に、貨幣の歴史を出題した第1問では、図版の内容だけでなく、会話文や解説文の内容も参考にして解答する必要があった。(代々木ゼミナール)

⇒文系、理系の予想平均点は

 各教科科目の問題分析は以下の通り。

【英語】

⇒英語・リーディングの問題分析

⇒英語・リスニングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史・公民】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

⇒政治・経済の問題分析

【理科1】

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

⇒物理基礎の問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

⇒化学の問題分析

【数学】

⇒数学I・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析