大学入学共通テスト1日目(2021年1月16日)に実施された地理歴史の「世界史B」。出題について大手予備校による難易度や傾向など問題分析を速報する。

 【世界史B】地図や写真、グラフなどの資料が計17点あり、6点だった昨年に比べて大幅に増加。資料を読解しながら世界史的な知識を連動させないと正答できない、思考力を問う問題が多く、難化した。出題形式も、空欄補充形式が昨年の3問から10問に増えるなど大きく変わった。曖昧な知識だと時間内に余裕を持って解き終わるのは難しかっただろう。文学者やジャーナリストの作品を取り上げた第3問では、ジョージ・オーウェルの「1984年」が用いられた。(東進)

⇒文系、理系の予想平均点は

 各教科科目の問題分析は以下の通り。

【英語】

⇒英語・リーディングの問題分析

⇒英語・リスニングの問題分析

【国語】

⇒国語の問題分析

【地理歴史・公民】

⇒世界史Bの問題分析

⇒日本史Bの問題分析

⇒地理Bの問題分析

⇒政治・経済の問題分析

【理科1】

⇒化学基礎の問題分析

⇒生物基礎の問題分析

⇒地学基礎の問題分析

⇒物理基礎の問題分析

【理科2】

⇒物理の問題分析

⇒生物の問題分析

⇒地学の問題分析

⇒化学の問題分析

【数学】

⇒数学I・数学Aの問題分析

⇒数学Ⅱ・数学Bの問題分析