福井県内の県立高校の推薦出願状況と外国人生徒等特別選抜出願状況(2021年1月13日時点)

 福井県立高校の2021年度の推薦入試、特色選抜、外国人生徒等特別選抜の願書受け付け2日目の1月13日、推薦に新たに212人が出願し計584人、特色選抜は124人増え計325人となった。外国人生徒等特別選抜は3人増の計10人。14日午後4時に締め切られる。

 推薦入試は普通科と専門学科で募集。専門学科は、11学科・コースで1倍を超え、2学科・コースで1倍ちょうどとなった。福井商の国際経済が2・42倍で最も高く、次いで同校の商業が1・78倍、情報処理が1・74倍。普通科は、鯖江のスポーツ・健康福祉コースが13人増えて計30人(1・15倍)、IT・デザインコースは3人増の計14人(1・00倍)。

⇒【表】県立高校、特色選抜2日目の出願状況

 特色選抜は、21校が延べ90種目で募り、6校の硬式野球や丸岡と福井商のサッカーなど13種目で募集人員を超え、28種目で1倍ちょうどとなった。

 外国人生徒等特別選抜は、足羽が3人増えて9人。武生商工には新たな出願がなく、連携型中高一貫教育校の3校にもなかった。

 19日に面接や学力検査などがあり、21日に各中学校長を通じて合否が伝えられる。

関連記事