新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 奈良県と奈良市は1月13日、新型コロナウイルスに感染した奈良市の70代女性が死亡し、31人が感染したと発表した。県内の死者は31人、感染確認は2402人になった。

 県などによると、70代女性は先月21日に発症。入院後に容体が悪化し、今月12日に死亡した。

 この日に感染が発表された31人のうち3人は、クラスター(感染者集団)が発生したと認定された高取町の障害者支援施設の職員1人と通所利用者2人。この施設での感染者は38人になった。
 

関連記事