Dリーグに参戦するTETSUさん(所属事務所FNMD提供)

 ブレイクダンスの強豪国と知られる日本で、福井県敦賀市出身のTETSU(本名眞清田鉄平)さんが実力者として注目を集めている。1月に開幕する国内初のプロリーグ「Dリーグ」参戦を決めた22歳。パリ五輪を「もちろん目指す」と迷いはない。

 同市の教室に6歳から通いヒップホップの基礎を学んだ。敦賀気比高校卒業後の2017年に日本最大のダンス大会で200人超の頂点に立ち、19年上京。国内屈指のチーム「FOUND NATION」(ファウンドネーション)に加わった。

⇒五輪実施競技に、福井の中高生も出場目指す!

 Dリーグは、企業母体の9チームがレギュラーシーズンと上位によるチャンピオンシップで覇を競う団体戦。TETSUさんはブレイクダンス主体の「コーセーエイトロックス」の一員として、初代の栄冠を狙う。

 身長174センチ、74キロ。ステージを大きく使うダイナミックな動きが光る。「五輪の競技に選ばれ多くの人に楽しさを知ってもらえる。飛躍の1年にしたい」。注目が高まるブレイクダンス界のスターになる決意だ。