NEXCO西日本は12月30日、同日から来年1月1日ごろにかけて大雪により通行止めになる可能性がある管内の高速道路の区間を発表した。中国道や九州道、名神も含まれている。

写真を拡大 12月30日~2021年1月1日ごろにかけ大雪で通行止めになる可能性があるNEXCO西日本管内の高速道路区間(同社HP引用、12月30日16時発表)

 30日午後4時時点で、福井県内では舞鶴若狭道の小浜インターチェンジ(IC)以西の区間がすべて通行止めの可能性がある区間になっている。車の往来が多い名神道も八日市IC以西から高槻第二ジャンクション辺りまでが含まれている。

⇒NEXCO中日本管内で通行止めの可能性がある区間

 同社は不要不急の移動は控えるよう呼び掛けており、やむを得ず高速道路を利用する場合は、「冬用タイヤの装着とタイヤチェーンの携行をお願いするとともに、今後の気象予報や最新の交通状況を確認ください」としている。