ドローンを使って映像や写真を撮影するフライトオペレーター、竹原勇樹さん(25)=福井市=に、ドローンの操縦の面白さや難しさを聞きました。

>>取り上げて欲しい職業や質問の投稿はこちら

■「木の間を通してほしい」

―これまでで印象的だった撮影は。

 雲海に浮かぶ大野城。あとは、灯台が立っている高浜の断崖絶壁を撮ったときはきれいでした。ドローンの映像を見て操縦していると、鳥の目線のような感覚で、すがすがしい気分になります。

―風景が多いんですか?

 多いのは風景です。桜や紅葉、海など、季節の美しい風景が撮りやすい時期は忙しいです。風景以外もさまざまな場所で飛ばしていて、例えば工場や発電所の中、橋の撮影。報道目的で、火事現場で飛ばすこともあります。規制線の中には入りませんが。

―難しいのはどんな撮影ですか?

 よく依頼されるのは、「木の間を通す」「建物のきわを抜ける」ですね。一番難しかったのは工場の中。機械が上下にある状態で、レーン通りに飛んでほしいと。対応できるように、木の板でトンネルを作って通すなど、飛ばす練習を休日にしています。

■誰も見たことがない映像

―映像は何に使われるんですか?

 CMや施設のPR、テレビ番組や新聞などが多いです。ドローンの映像は、ヘリとも違います。撮るものに50センチほどまで寄ることができるので、迫力があります。これまで誰も見たことがない映像なんです。

―どれぐらいの頻度で撮影があるんですか。

 平均すると2日に1回です。毎日撮影すると、機材の維持上の問題があります。本体やカメラのメンテナンスをしないといけないので。撮影した映像の編集もしています。あとは撮影の許可を取るための申請。撮影よりも申請作業の方が多いです。

―飛ばすのに許可が必要なんですね。

 必要です。まず飛ばす場所の地権者の許可。人口密集地や空港周辺、国の重要施設などでは国交省の許可がいります。

 許可を取った上で、最近は飛ばす前に警察に連絡しています。地域の方から「怪しい人がドローンを飛ばしている」と通報があるケースがけっこう多いんです。

■ドローンは落ちる

―ドローンは落ちないんですか。

 落ちます。一般の方は「落ちそうだけど、意外に落ちないね」という感覚の方が多いのではないかと思いますが、プロからすると、ドローンは落ちるものです。その中で、どう安全に飛ばすかがプロの技です。

―危ないのはどんな場面ですか。

 突風、鳥に当たりそうになる、電波が途絶える、故障などです。例えばドローンのカメラが故障したら、目視だけで手元に戻さないといけません。そんな状況に備えて日ごろから練習しています。

―鳥がぶつかりそうになったら?

 ぶつかったら落ちるので、よけます。いろいろな考え方はありますが、鳥は風を受けて飛んでいるので、真上には急に上がってきません。だからまず高度を上げます。

―操縦は難しいんですね。

 難しさは、無線操縦の車を10とすると、1000ぐらいです。100倍難しいです。

―撮影用のドローンで練習するんですか?

 もっと小さなドローンです。小さい方が、プロペラのパワーもないですし、GPSや自動航行といった機能が何もないので難しいんです。

■人が死ぬ確率はゼロに

―今後、ドローンの活用は進む?

 技術はどんどん進歩していて、使われる場所も広がっています。農業や測量でも使われますが、今は撮影と、孤立した人の状況を確かめるといった災害支援が多いです。次に早く導入するのは宅配と言われています。ただ配達場所の整備や地域住民の理解などが必要です。

 ドローンが必須になる場合も出てくると思います。例えば高い場所にある高速道路の橋は、人が点検するとリスクがありますが、ドローンなら人が死ぬ確率はゼロになります。

―いろいろな分野の知識もいりそうですね。

 撮影にしても、ドローンの操縦の知識、映像撮影の知識、それに法律の知識がないと飛ばせません。専門的なことをとことん追求できる人が向いていると思います。興味があるなら、まず無線操縦の小さなヘリコプターや飛行機を飛ばしてみてはどうでしょうか。

 

次回のお知らせ

 次回じかいインタビューするのは、鯖江市さばえし老舗料亭しにせりょうてい御殿當田屋ごてんとうでや」のおかみ、栗田くりたももさん(24)。料亭りょうているおきゃくさんのおもてなしに奮闘ふんとうしています。質問しつもんつのっています。りは1月6がつむいかです。はなしきたい県内けんない職業しょくぎょうひと募集ぼしゅうします。
投稿フォームから送ってね。