衣料品通販大手ZOZO創業者の前沢友作氏

 衣料品通販大手ZOZO創業者の前沢友作氏が、福井県勝山市に「ふるさと納税」で500万円を寄付することが12月24日、分かった。前沢氏が寄付先を募集したのに対し、市が申し込んでいた。市は「個人のふるさと納税では過去最高額だと思う。ありがたい」と有名実業家からの“クリスマスプレゼント”に感謝している。

 市によると、前沢氏が自身のツイッターで寄付先を募っていたのを、市商工観光・ふるさと創生課の女性職員が見つけて応募。すると前沢氏側から23日、寄付の意向連絡があった。24日時点で納付はされていないという。

 前沢氏は当初、応募した自治体から一つを選び8億円を寄付すると発信。その後、応募した156自治体全てに500万円ずつを寄付すると方針転換したといい「最初は選ばれるわけがないと思っていたので、驚いた」と同課。使い道については「どういった事業に用いるか、財政部局と協議して決めていきたい」としている。