新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岩手県と盛岡市は12月24日、新型コロナウイルスに感染していた高齢者2人が死亡し、新たに5人が感染したと発表した。県の死者は22人、感染確認は計348人となった。

 県などによると、新規感染者のうち3人はクラスター(感染者集団)が発生した鶯宿(おうしゅく)温泉病院(雫石町)に勤務する看護師や、応援の医療従事者。同病院関連の感染者は計101人となった。