新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は12月23日、新型コロナウイルス感染が確認されていた県内の90代男性が死亡し、56人の感染を確認したと発表した。1日当たりの感染発表数としては過去最多。県内で確認された死者は計26人、感染者は計1838人となった。

 市によると、市内の高齢者福祉施設で80代の女性利用者と70代の女性職員の感染が判明。これまで別の職員やその家族の感染が確認されており、家族と施設に関わるクラスター(感染者集団)に認定した。