大手電力会社でつくる電気事業連合会(電事連)が、青森県むつ市にある使用済み核燃料中間貯蔵施設の共同利用を検討していることが明らかになった。福井県は運転開始から40年を超える原発3基の再稼働を求める関西電力に対し、中間貯蔵施設の県外候補地を年内に提示することを同意判断の「前提」としている。電事連の案をむつ市が了承すれば…

ここまで160文字 / 全文1143文字