新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は12月4日、100歳以上の女性を含む計34人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内で100歳以上の感染判明は初めて。県内での感染確認は計1194人となった。

 県によると、可児市の高齢者福祉施設で100歳以上の女性を含む利用者3人が感染。県は、この施設を含む2カ所の高齢者福祉施設でクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 また県は、既にクラスター認定している美濃加茂市の高齢者福祉施設で、新たに利用者や職員など計9人の感染を確認したとした。

関連記事