新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 岐阜県と岐阜市は12月3日、10~90代の男女計42人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の1日当たりの感染発表数としては過去最多。県内での感染確認は1160人となった。

 市によると、既に入院患者13人の陽性が判明しクラスター(感染者集団)と認定されている市内の病院で、入院中の70~90代の男女4人と医療従事者1人の感染を新たに確認した。

 古田肇知事は3日、県内の1日当たりの感染発表数が過去最多を更新したことを受けて記者会見し「事態を大変憂慮している。年末年始を含め、今後必要な対策を強化していきたい」と語った。

関連記事