新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 和歌山県は12月1日、県内に住む0歳~60代の男女10人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は462人となった。

 県によると、0歳男児は母親の感染が既に確認され、父親とともに感染が判明した。また県は、陽性患者を診療した県内のクリニックに対しインターネット上で中傷があったと明らかにした。県福祉保健部の野尻孝子技監は「コロナの診療態勢に影響が出る」として、やめるよう呼び掛けた。

関連記事