新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 奈良県は12月1日、10歳未満から70代の男女16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の感染確認は1133人になった。また同県河合町の同じ職場で従業員らが複数感染し、県はクラスター(感染者集団)が発生したと認定した。

 県などによると、16人のうち、王寺町職員の10代男性ら7人は、既に検査で陽性となった家族や職場の同僚から感染したとみられる。

関連記事