第三者委員会の報告書に関し、記者会見する委員長の小磯正康弁護士=30日午後、群馬県庁

 2019年に自殺した群馬県立勢多農林高(前橋市)2年だった伊藤有紀さん=当時(17)=を巡り、いじめとの因果関係などを調べていた県教育委員会の第三者委員会が30日、「自死の要因としては主要なものではない」とする報告書をまとめ、県教委に提出した。

 委員長の小磯正康弁護士が記者会見し、遺族が訴えていた事案の一部をいじめと認定した一方で、自殺について「複合的な要因がある。いじめと認定されなかった事実についての苦痛や、その他の要因の影響も認められる」と指摘した。

関連記事