福井県鯖江市鳥羽町の浅水川にいた、ヘラサギとみられる鳥=11月22日(鯖江市の男性提供)

 福井県鯖江市内でこのほど、トキ科の渡り鳥「ヘラサギ」とみられる鳥が川にいるのを市内の会社役員男性(60)が見つけ、写真を撮った。専門家によるとヘラサギは、日本への飛来が非常に少ない冬鳥という。

 全身白色で体長約85センチ。長いくちばしの先端がヘラのような形をしているのが特徴だ。ユーラシア大陸中部とインドで繁殖し、アフリカ、ペルシャ湾沿岸からインドにかけての地域や中国南部に渡り、越冬する。

 男性は11月22日午後3時半ごろ、鯖江市鳥羽町の浅水川堤防を散歩中、川にたたずむヘラサギを見つけた。餌を探している様子だったという。「2、3日前にも同じ鳥を見つけ、この日は持っていたカメラで撮影することができた。後で調べたら珍しい鳥とあって、驚いた」と話していた。

 日本野鳥の会福井県の事務局長は、写真を見て「ヘラサギ以外には考えられない」とし、「国内への飛来は非常に少ない鳥だ」と指摘。ただ「この時期のヘラサギは、くちばしが黒みがかっている。黄色いのが不思議」と話した。

関連記事